膝の痛みに効く薬特集@最新口コミ人気ランキング

膝痛 薬

天気により膝の痛みが出る?

 

人間の体は不思議なもので、わずかな環境の変化からも大きく影響を受けています。中には、天気が悪い日は膝が痛むという人もいます。これはどうやら、気のせいなどではなく本当にあるようです。

 

この時、関係していると思われるのは気温と気圧です。よく言われるように、膝などの関節は冷えると固まってしまって痛みを生じるようになります。天気の悪い日というのは気温も下がりやすいですから、その分痛みも生じやすくなるということになります。

 

また、気圧がどのように関係しているのかというと、天気が悪い日というのは気圧で言えば低気圧になっています。この気圧というのは空気の圧力、重さという意味ですから、体の内側からの圧力の方が強く、血管や細胞などがやや膨張することになります。するとそのために神経が圧迫されてしまって、痛みが出やすくなるというわけです。

 

天気からは逃れようがありませんが、温度や気圧から逃れる方法はあります。温度の問題については、できるだけ保温することによって影響を緩和することは可能になりますし、気圧の場合は室内にこもれば問題ありません。最近の住宅は高気密のものが多いので、外部の気圧変化の影響をあまり受けることがありません。

 

天気が悪い日には膝の調子が悪くなる、というような人は、上記を考えて対策を色々と考えてみると良いでしょう。周囲でそういった人を見るときも、何言ってるの?という視線ではなく、しっかり理解を示してあげてくださいね。

 

膝痛の軽減は肥満解消から

 

食事量が多くなると当然肥満になっていくのですが、この肥満になることで膝にかかる負荷も増えていきます。身体をそれほど動かすことが無いとしても、日常的に膝には負担がかかっていますが、この膝に乗る負担というのは基本的に膝よりも上の重さです。

 

人間はその体の特性上、身体を支えている膝より下の部分にはそれほど脂肪はつきません。脂肪がつくのは、その上の部分で、増加した体重のほとんどが膝への負担となってしまいます。

 

ですから、普段から身体を動かすようにして、できるだけエネルギー消費を増やし、体重を増やさないようにすることが大事です。年齢を重ねると代謝が衰えてくるので、身体も弱くなりますし、また太りやすくなるので特に年齢が上がるほど運動習慣が重要になっていきます。

 

揚げ物や肉類は脂質が多いので、あまり多すぎないように注意し、また過剰になると脂肪に変わる炭水化物も高カロリーですから注意が必要です。夜間のドカ食いは最も太る行為ですから、夜食が必要な状況になる前に寝る、空腹を感じ始めたら速やかに寝るようにした方が良いでしょう。一

 

晩くらいならエネルギーは蓄積されている脂肪から余裕で捻出できますから空腹を心配する必要はありません。骨や筋肉などの体の組織は、食事から作られますから、必須栄養素をバランスよく摂取するように心がけていると、骨や筋肉、関節も強くなりますので、痛みやケガの回復も早くなり、再発も防げます。

 

肥満を防止するだけでも、膝のトラブルの多くは回避できます。健康のためにも普段から生活習慣病や肥満に十分注意するようにしましょう。

 

膝痛に効くツボ

 

中高年ほど膝の痛みが出やすくなります。若いときにスポーツなどをしていると膝の痛みが出やすいと言いますが、老化というのも膝の痛みを出しやすい要因です。筋肉が衰えてくると、それだけ若いときからのダメージが表に出てきやすくなります。

 

膝は姿勢や筋肉のつき方によってダメージを受けていることも多く、変形性膝関節症と呼ばれる症状が膝の痛みでは多く見られるそうです。これは姿勢が悪いなどの理由によって、膝にかかる負担が大きくなって関節にトラブルが生じている状態です。

 

膝の痛みを和らげるためにツボ押しも効果的だと言われています。膝には多くのツボがありますので、適宜刺激して血行を改善するようにすると良いでしょう。

 

膝の痛みを抱えている人の多くは、身体が重いことが多いです。膝は体重を支えている部分ですから、体重が重いほどトラブルも多くなります。そういう人は、血流を高めて代謝を良くしてくれる痩身のツボも毎日押すようにすると良いかもしれません。

 

普段からの生活の影響が、膝にはいろいろと出てくるようになります。ツボ押しの良いところは、毎日負担なく行うことができることです。一回ではそれほど効果を実感できないかもしれませんが、毎日続けて行っていれば違いが感じられるはずです。

 

膝の負担を少なくし、痩せて、膝のトラブルから身体を守りましょう。ただし、体調が悪い時はツボ押しは控えるようにしてくださいね。余計にトラブルを起こす原因になってしまいますよ。

 

テニスボールを利用した膝痛対策

 

膝の痛みを軽減するために、いろんな方法が実践されていますが、人気が高い方法のひとつにテニスボールを使ったストレッチがあります。

 

これはどのような効果をもたらすのかと言うと、簡単に言えば膝の痛みを軽減することができるというものです。膝が痛むのは筋肉が硬直してしまうからであり、それによってクッション性がなくなってくると衝撃を上手く吸収・分散することができなくなり、結果膝へのダメージが大きくなって痛みとなるわけです。

 

ストレッチがたくさんある中で、どうしてテニスボールを使うのが良いのかというと、簡単だからです。仰向けに寝ころがって、片方の膝の裏にテニスボールを挟みこんで膝をそのまま両手で抱え込みます。やってみると、きついというよりも気持ちいいと感じるそうです。なかなか膝が曲がらないという人も、意外に曲がるので驚くそうです。

 

注意として、痛みが強すぎるようならやめておいた方が良いと思います。同じようなもので、テニスボールをはさんだ状態で正座をするというものもありますが、こちらの方がずっと負荷が高いので気をつけてください。上記の方法は、抱え込む両手の引っ張りでも負荷を調整することが可能です。

 

こういったストレッチは、膝関節の筋肉をほぐし、可動域を損ねないようにするために効果的ですが、これだけで膝の痛みが治るわけではありません。痛みが強く出るようであれば、無理をせずに病院でしっかり検査・治療しましょう。

 

膝の痛みに効く運動があるの?

 

病気の際には安静を勧めることも多いですが、その理由はどうしてかというと、体力を養うようにするためです。膝を痛めた場合にも、安静にすることが求められる場合もありますが、時には積極的に動かしたほうが良い場合もあると言います。

 

膝が痛いという場合には、関節を支える軟骨などが損傷している場合も多く、こういった場合にはまずは安静にすることが大事です。ただし、痛みがある程度固定化してきて、ひどくならないようなら動かしていくことが大事です。

 

ちょっとした運動は、膝の周囲の筋肉を強くしてくれますし、血行も良くなるので回復が促されるようになります。痛みがどんどん強くなっていく時期については、あまり動かず安静にしておきましょう。無理に運動をすると、炎症や膝の磨耗が酷くなることもあります。

 

運動をするにしても、無理にする必要はなく、痛みを感じない程度にしておきましょう。痛みを感じてきたら、すぐに中止して休むようにします。

 

運動の方法として、座った状態で貧乏ゆすりをするのが良いそうです。実際に理学療法などでもこの動作は行われることがあり、膝周りの筋力を整えたり、また膝の血行を促したり関節の潤滑液を増やすために有効なのだそうです。

 

安静にして治療を促す方法もありますが、今では積極的に動くことも治療の一種と捉えられています。症状によって有効なものは違いますから、適切に判断して行うことが大切です。

 

膝痛対策におすすめのサポーターは?

 

膝の痛みを楽にしてくれるアイテムの筆頭がやはりサポーターです。しかしながら、このサポーター、つければとりあえず効果があるというようなものではありません。しっかり選んでこそ、ちゃんと機能を果たして膝を楽にし、回復を助けてくれますから、正しく選ぶようにしましょう。

 

サポーターは膝の状態に合わせて選ぶべきで、もしも普段は痛みがなく、冷えたりしたときに痛みが出るようであれば、保温効果のあるサポーターを選ぶべきです。

 

ケガの治療や、膝の不安定な感じを何とかしたいという場合には、マジックテープやベルトなど、ホールドする力の強いタイプのものを選びましょう。こういったタイプのものは、ハードタイプのものとソフトタイプのものがあります。

 

激しいスポーツをする場合やリハビリなどが目的のときはハードタイプを、曲げ伸ばしはスムーズな状態を保ちつつある程度のホールド力を求めるならソフトタイプを選びます。サポーターと一口に言っても、価格も性能も様々です。100円で購入できるものもあれば、数千円するようなものもあります。数万円する高機能なものもあります。

 

サポーターを購入するなら、スポーツ用品店、ドラッグストアなどが一般的ですが、本格的なものになると、整骨院や整形外科などの医療機関をあたることになります。オーダーメイドでつくってくれる場合もあります。

 

ケガの治療などではサイズはきっちりしていて、少しきついくらいのものが良いでしょう。逆に保温目的であれば、ゆったりしたものが良いでしょう。保温をして血行を改善しても、圧迫した分悪くなったら意味がありません。

 

サポーター選びはちょっとした点に注意すれば、大きな失敗はありません。ポイントを明確にして、良いものを選びましょう。

 

靴を変えると膝痛を予防できる?

 

関節の痛みというのは、若い人よりも年齢を重ねた人に多く見られます。そういった場合に、もちろん筋肉を鍛えたりすることは有効なのですが、そうそう簡単に求めて良いものとも限りません。より手軽な対策として、履く靴を見直してみるのはいかがでしょうか。

 

まず、靴選びによってどういった効果があるかというと、実は履く靴によって足にかかる負担は変わってくるということです。足のサイズに合うことはもちろん、接地の際にかかる衝撃や、膝にかかる負担などは、足底の形などにも影響されます。

 

基本はサイズと幅、両方について合わせることです。サイズについては考えている人は多いですが、幅については無頓着という人も多いのではないでしょうか。

 

足の幅についてのサイズは「E」で表示されており、E、EE、3E、4Eとなるにつれて幅が大きくなっていきます。日本人は2E〜3Eくらいの人が多く、幅広であるとされています。

 

また、かかと部分は面積が広いもの、ある程度硬さがあるものが良いでしょう。靴のクッション性は、膝や多くの部分にかかる負担を軽減するためにも重要です。これは試着してみて、歩いたり、軽く跳ねてみたりして確認しましょう。

 

膝を痛めやすいのは、靴の中で足が滑ったりと動いてしまう靴です。不安定になる中、バランスを取るために膝が細かく調整してくれているのですが、これは負担にもなっていますので注意しましょう。同じく、かかとが細いヒール系の靴や、クッション性の低い靴も要注意です。